トップページ

平成28年(2016年)熊本地震への対応について

この度の平成28年(2016年)熊本地震で亡くなられた方々に哀悼の意を捧げますとともに、熊本県および大分県での地震により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

当院DMATの活動状況について
4月14日地震発生直後、大分DMATの先遣隊として15日未明に熊本入りし、震源地に近い上益城郡益城町役場を拠点として生存者の捜索救助も含めた超急性期の医療救護活動を行いました。
4月16日本震後、新たに被災し基幹道路の遮断により孤立した熊本県阿蘇地域に対し大分県側から支援活動を行う前線基地として当院は大分県DMAT活動拠点本部をたちあげ、全国から召集された日本DMAT隊を受け入れ本部運営を行ってまいりました。
4月19日被災していた阿蘇医療センターの復旧に合わせて日本DMAT隊の拠点を同センターへ移し、当院の大分DMAT活動拠点本部としての活動を終了しました

今後の対応について
阿蘇方面の患者様の受入れ、医療支援等は引き続き行ってまいりますので、お困りの事がございましたら当院までご連絡ください。
【お問合せ先】 担当 : 橋本考広(地域医療連携室)  (代表電話) 0974(63)3241

災害拠点病院として、職員一同さらなる支援を実施してまいりますので、ご理解、ご協力をお願いいたします。

 当院について

竹田医師会病院は、昭和43年6月病床数80床の開放型病院として開設し、昭和62年12月120床平成18年10月160床に増床しました。診療区域は、竹田市で構成され、更に隣接する豊後大野の一部、熊本県阿蘇市の一部を含む地域であります。地域の医療、介護、福祉機関と連携し地域住民に信頼される病院創りに取組んでいます。

houmonrogo zyunkaisinryou
721ひざこかんせつ

naisikyou