臨床工学科

臨床工学技士とは人工呼吸器等の生命維持管理装置の操作や保守、点検を行う専門職です。医師、看護師、その他の専門医療職と連携しチーム医療の一員として患者様への安心安全な医療の提供を目指しています。

現在、臨床工学科には5名(平成30年8月1日現在)の臨床工学技士が勤務しており、医療機器管理、血液浄化、内視鏡室、手術室、救急支援業務を行っています。

院内にある医療機器を適切に管理することで医療機器が患者様に安全に使用されるよういつも心がけています。呼吸療法士、内視鏡技士等の各種認定者も所属しお互いの専門知識を共有しながら働いています。

 

医療機器の管理 
   院内医療機器の保守点検
   故障機器の修理
   教育(操作、使用方等)

血液浄化療法
   持続的血液濾過透析 (CHDF)
   腹水濾過濃縮再静注法 (CART)
   吸着式血液浄化法 (エンドトキシン)

医療ガス管理
   院内CEシステム管理
   各種ボンべ管理

IMG_7607-1