組織図・各委員会について

(2016/10/ 1更新)    (クリックして拡大)

 %e7%b5%84%e7%b9%94%e5%9b%b320161001

 

各委員会について(各部署の委員が出席し、定期的に開催されています)
 医療安全管理委員会
 患者さんに安全で快適な療養生活をしていただくために、医療事故を防ぐために対策を推進し、職員の安全管理に対する意識を高める活動をしています。主な活動は、定期的にインシデントアクシデント事例を集めて発生要因を分析し、再発防止対策を講じたり、全職員を対象に安全管理に関する研修を行ったりしています。
 感染管理委員会
 院内感染を未然に防ぐと共に、万一発生した場合に感染が拡大しないための対策を常日頃から検証して、患者さんに安心安全な医療の提供に努めています。主な活動は、毎週の院内ラウンドやサーベイランス調査を通して感染情報を収集し、迅速で適切な対応を行います。また、全職員対象に感染に関する研修会を実施しています。
 災害・救急対策委員会
 さまざまな災害・事故の発生に備えた活動を行います。災害対策では、マニュアルを整備し、災害用テントや備蓄食の確保などを行うとともに、DMAT研修や、市主催の防災訓練に参加し、防災対策のスキルを磨いてます。また、救急については、救急受け入れマニュアルを作成したり、全職員を対象にBLS講習会を実施しています。
 接遇改善推進委員会
 患者さんに対する接遇改善を推進するため、全職員に対して毎月接遇目標を設定して医療サービスの充実に努めています。また、患者さんやご家族からお寄せ頂いた「意見箱」の内容をご参考にさせていただき、改善策を講じるなど日々の活動に役立てています。
 褥瘡委員会
 褥瘡および栄養アセスメント・ケア能力の向上を目指して活動しています。委員会のメンバーが、褥瘡を有する患者さんや褥瘡発生のリスクが高い患者さんを対象に、毎週水曜日に回診してカンファレンスを行っています。また、マットレスの適切な使用状況や処置など、様々な面から褥瘡予防の対策に努め、職員への助言なども行っています。
 リハビリ委員会
 毎週定期的に、医師とリハビリスタッフによる会議が行われ、入院中の患者さんごとにリハビリの進捗状況を確認し、リハプログラムの変更や退院許可の時期などを話し合います。
 口腔ケア委員会
 合併症の予防や機能向上・維持には口腔ケアが大変重要となります。そのため、当院では医師、看護師、看護助手、言語聴覚士などによるチーム医療を提供し、セルフケアが困難な患者さんに適切なケアが出来るよう活動しています。また、定期的に医療スタッフを対象にした口腔ケアや摂食嚥下に関する勉強会を行っています。
 教育委員会
 看護師の理念に沿った人材育成のために、他の委員会との連携による研修、系統的な教育計画を企画・運営しています。また、地域の看護職員に研修を公開して、共に看護の質の向上を目指しています。
 記録委員会
 看護記録に関わる、環境の整備と質の向上を目指しています。マニュアルの整備や看護記録の監査、研修企画等を行い、適切な記録に向けてスタッフの意識向上を図っています。
医療機器安全管理委員会
衛生委員会
給食管理委員会
個人情報管理委員会
物品管理委員会

newimagegif2ok