放射線科・臨床工学科・臨床検査科

watasitati                2016/11/8 更新

%e6%94%be%e5%b0%84%e7%b7%9a%e7%a7%91

放射線部では、外来・入院患者様の撮影検査をはじめ、医師会病院の機能の一つである 共同利用型施設として、竹田市医師会会員の先生方からの CT・ MRI 等の検査紹介に対応し、患者様に安心して検査を受けていただけるよう努力しています。(※MRIが新機種になりましたH25/5)

housyasenka2

H25・5月

新規MRI(1.5テスラ)導入

 

 

housyasenka1 

renntogen

一般X線撮影装置
H25・5月透視装置(断層撮影における逐次近似法)を刷新

housyasenka3-300x199

CT(16列マルチスライス)

 kotumitudo骨密度測定装置 PRODIGY Fuga-C

 

最新鋭の骨密度測定装置を設置し、骨粗しょう症の予防、診断および治療に取り組んでいます。

 測定は約10分以内で、痛みもありません。お気軽に当院スタッフまで、お申し付けください

gisiv4_sch049

【花宮大輔:放射線科】

地域の中核病院として各種モダリティも充実しています。特にMRI、透視は一新されほぼ最新に近い検査が可能です(断層撮影における逐次近似法etc)。また、ドクターからの要望も高いので技術力も向上し検査に奥行きがでます。また、当科は少数なため自然と責任感も身につきますよ。

田舎ならではですが、皆顔見知りで仲良しですし、身近に都会があるよりも、一人の時間の有り難味が感じられて良いなあと感じます。笑顔の絶えない環境で、患者さんからの評判もそう悪くないと自負しております・・・(検査中は真剣ですよ、勿論!)。是非、一緒に働いてみませんか?

 

hanamiyasan

 

 

 

%e5%b7%a5%e5%ad%a6%e7%a7%91     
                      v4_sch049 image9999

【 石田裕伸 : 臨床工学技師】

病院には多くの命を守る医療機器があり、年々高度なものと進化しています。臨床工学技士は高度化する医療機器を操作・保守・管理・教育等を行い、チーム医療の一員として患者様への安心安全な医療の提供を目指しています。現在工学科は6名在籍して、医療機器管理、血液浄化、内視鏡室、手術室、救急支援を業務としています。呼吸療法士や内視鏡技師等の各種認定者も所属し、お互いの専門知識を共有しながら働ける環境です。また、病院前医療派遣(DMAT出動等)にも積極的に参加して、当科在籍の救急救命士と共に病院前救急や救急受け入れにも従事しています。 

 
■ 医療機器の管理
・院内医療機器の保守点検
・故障機器の修理
・教育(操作、使用方等) 

 ■ 血液浄化療法
・持続的血液濾過透析 (CHDF)
・腹水濾過濃縮再静注法 (CART)
・吸着式血液浄化法 (エンドトキシン)

 ■ 医療ガス管理
・院内CEシステム管理
・各種ボンべ管理

 

%e3%81%91%e3%82%93%e3%81%95%e7%a7%91
                                 v4_sch049image9999

【小代眞由美:臨床検査技師】 

臨床検査科の主な仕事は超音波検査です。
当院は竹田、直入地域における中核病院として整形外科・外科・内科の診療科を備え、救急患者をはじめ、多くの入院患者さんを受け入れています。整形外科では手術を行う人、内科・外科では高齢の人が多いため、腹部・心臓・頸部・下肢血管と多種の超音波検査を実施しています。超音波検査初心者の技師も「ハンズオンセミナー」に参加したり、先輩技師の指導を受けたりと、技術を習得する環境は整っており、技師同士で切磋琢磨の毎日です。
超音波検査に興味のある方、私達と共にエコーのスペシャリストをめざしましょう!!

 ■検査業務
・超音波エコー(下肢・腹部等)
・血圧脈波検査
・内視鏡検査等
・臨床検査、工学技士の特性を生かし、専門的な立場から患者様の検査や治療を行っています。

 

newimagegif2ok