地域医療連携室・事務部

 

watasitati
求人情報はこちら                           2016/ 6/ 13更新

%e3%82%8c%e3%82%93%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%97%e3%81%a4
image22v4_sch049

 renkeihasimotosan

【地域連携室長: 社会福祉士:橋本考広】

当院は 地域の拠点病院として、急性期から慢性期まで幅広い対応が求められています。また、地域の特色として非常に高齢化率が高いこともあり、外来患者様・入院患者様ともに御高齢の方が多い状況です。当室では、経験者・未経験者・年齢、性別を問わず、地域医療連携室の役割と機能を拡大するために広く人材を求めています。地域医療の一翼を担う、とてもやりがいのある職場です。事前の職場見学もお受けしておりますので、興味や関心のある方は、是非当院まで御連絡を下さい。

 

 

tanabesan

【地域連携室部長補佐(看護師) : 田部 智子】
 

当院の地域医療連携室では、5名の相談員(医療ソーシャルワーカー)が在職しており、病気・ケガ等に伴って起こった様々な問題について、相談をお受けしております。入院時から、主治医を中心に看護師、リハビリスタッフ等の多職種のチームで、患者様やご家族の支援をおこなっています。
私は地域包括ケアシステムの構築に関する事業に参加しています。この事業は、行政が中心となり、医療関係者、介護・福祉関係者等、多職種・多機関が連携し、地域住民が要介護状態になっても、認知症になっても、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるようにしていく事業です。
その事業の事務局として、竹田市における在宅医療の方向性、医療と介護の多職種連携のあり方、必要な人材育成等の検討に参加しています。
地域住民の方々が地域で安心して暮らせるための支援をお手伝いさせていただきます。

 
 
 

  

renkeihatanosan

【主任・社会福祉士:羽田野輝子】

入職前には、いろいろな不安がありましたが、温かい雰囲気の中、プロ意識の高い先輩方に、マンツーマンで、丁寧かつ的確な指導を して頂いています。とりわけ、自己学習の為の設備・資料などが豊富で、相談員として学ぶ為の環境が整っています。また、先輩と共に参加する社内研修、外部 研修なども充実しており、それらに対する職員へのフォロー制度も学ぶ意欲をアップしてくれ、モチベーションを高く維持できます。他部署の方たちも優しく、働きやすい雰囲気です。日々様々な経験をつみながら、自己研鑽を高めるには最適の職場だと思います。

 

satousan

 

【 相談員(看護師) : 渡邊優有子】

2015年3月の中旬より地域医療連携室に入職しました。
相談員の仕事は初めてなので、日々勉強しながらではありますが、優しく親身になってご指導・アドバイスをしてくださる上司・先輩方のもと楽しく働いています。
その中で、相談員という仕事は、患者様・ご家族はもちろん、施設や、担当ケアマネジャーさん・他医療機関など、多くの方々と関わりがあり、日頃のコミュニケーションだけでなく、説明する力・伝える力(対話力)がとても必要であることを学び、その難しさを日々実感しています。しかし、とてもやりがいのある仕事だと思います。
当院は、連携室だけでなく、他部署の先輩スタッフも、「大丈夫?」などと声を掛けてくださるので、患者様の現状を教えて頂いたり、わからないこと・不安なこともその場で聞きやすく、1つ1つ解決することが出来る雰囲気の良い職場だと思います。

 

 

senzyuu

 

【相談員:千住 辰彦】

入職して1年目になります。医療ソーシャルワーカー・院内コメディカルとして日々自己研鑽を積む毎日であり、退院時や退院調整中に頂く患者様や、ご家族からの感謝の言葉や、労いの言葉に喜びを感じる瞬間もあり充実した職場だと思います。上司や先輩方、他職種の方も指導して下さる場面もあり、わからないままにならない学び易い環境と、それにより地域貢献と院内業務の参画の実感が体感出来ると思います。制度などの社会資源の変化に対応することに大変さを感じることがありますが、患者様の支援のために必要な変化でありますので、仕事への充実感につなげることにより楽しさになると思います。笑いも辛さも共感でき、やりがいも見出せるとても素敵な職場だと思います。

 

 
takita

 

【相談員:田北悠樹】
当院における地域医療連携室の役割は患者様やそのご家族の方々の抱える心理的・社会的問題の相談に乗ったり、退院の援助をおこなったりしています。その為には他の部署との協力が重要になってきます。
当院では職員の一人ひとりが自らの役割を自覚し、責任感を持っています。そして互いに助け合い、情報を共有し合いながら日々の業務に励んでいます。

私は入職した当初、自分が地域医療連携室の一員として職務を全う出来るか不安で仕方がありませんでした。しかし良き上司や先輩方、他の部署の方々のアドバイスもあり僅かでも日々成長している実感があります。研修や講習会も充実しており、新しいことを日々知る事が出来ます。ここは、将来自分の役に立つ事を身に付けることが出来る職場です。

 
%e4%ba%8b%e5%8b%99%e9%83%a8
image33v4_sch049

 

zimukuraharasan

【倉原直美:事務部医事課】

 私は、医事課に勤務して3年になります。医事課では、受付業務や入院業務、レセプト業務等を行っています。私は、4階病棟の入退院業務を主に担当していますが、仕事の内容は本当に広範囲です。

 事務は、病院の顔として、また患者さんに元気を与えられるように、ニコニコ笑顔をモットーに日々業務に取り組んでいます。信頼できて素敵な先生や、楽しいスタッフと毎日仕事ができてとても幸せです。大変なこともありますが、患者さんから帰り際に「ありがとう」の感謝の言葉を頂くととても嬉しくなり、また頑張ろうという気持ちがこみ上げてきます。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

 

 zimuwadasan

 

私は、企画医療情報管理課に所属しています(入職6年目)。学生時代に、情報処理とインターネットを中心に勉強したお陰で、職場でも院内ネットワークの管理を任されています。

また、さまざまな部署から印刷物や書類の作成をはじめ、データ処理を依頼されるので自分のスキルアップにもつながっています。医療に関する知識はまだまだで現在勉強中ですが、先輩方が実践の中で細かくレクチャーしてくれるので、とてもやりがいのある楽しい職場ですよ。

【和田翔:事務部企画医療情報管理課】

 newimagegif2ok